仕事・お金

楽天証券で積立の引き落とし日にお金を入れるのを忘れていた場合の対処法

積み立て投信は、とても楽な投資です。

最初に証券会社のサイトで設定しておけば、毎月(毎日の場合もある)決まった日付に決まった金額を引き落として勝手にファンドを買って積み立ててくれます。

ネットや書籍で「積み立て投資はいいぞ!」と言われているので、少しマネーリテラシーがある方ならみんな取り組んでいるのではないでしょうか。

私も、それほど金融リテラシーがない一般人(もちろん私もコレ)はドルコスト平均法での積立投資(イデコ含む)がベストじゃないかと考えています。

※この記事は楽天証券での積み立て投資についての話です。他の証券会社では違うこともあると思うので注意してください。

お金を引き落とし口座に入れるのを忘れたら…

私は楽天証券で月一回の積み立て投資をしています。毎月5日に3万8千円が引き落とされるようにしています

なぜこの金額かと言うと、イデコで毎月23000円を拠出しているので、合わせて6万円くらいにしたかったからです。

今月初めて、5日時点で楽天銀行の積み立て投信引き落とし銀行口座に33000円ほどしか入れていないというミスをしてしまいました

慌てて6日に振り込んでみたけど後のマツリでした。積立投資の引き落としは、クレジットカードと違い再度引き落としはありません

5日にお金が入っていなかったら翌日にもう一回引き落としてくれる…ということはしてくれないのです。

また、一部だけ買ってくれるということもしません。1万円の投資信託を2つ毎月購入している人の口座に、1万円だけ残高があった場合、どちらか1つのファンドだけを買ってくれるということはないのです。

その日に引き落とす金額が足りていない場合、その日に買う予定だったファンド全てがキャンセルになります

積み立て投信の引き落としに間に合わなかったら、手動で買う

引き落としができなかった場合、どうすればいいかというと簡単で、楽天証券で手動で同じ金額分だけ買えばいいのです。

もちろんお金がなくて引き落としできなかった場合は今月はやめておけばいいですが、お金はあるのに単に口座に入れ忘れてしまっていた人は速やかに証券会社で手動でファンドを買いましょう

できるだけドルコスト平均法を崩さない為にも、引き落としができなかったら速やかに手動で同じ金額を買うようにしたいです(もちろん、忘れないのが一番ですが)

 

 

おすすめ記事