日常・購入レポ

3000円代のiPad(第六世代)キーボード付きのカバーの使い勝手がかなりよかった

先日、iPad(第6世代)を購入しました。

お絵描きできるiPadを一番安く買いたかった私が選んだ「iPad 9.7インチ(第六世代)」についてAppleペンシルが使えるiPadが欲しかった 私がiPadを購入したいと考えた一番の理由はApple Pencil 家電店やア...

カバーを探していたところ、キーボード付きのものを発見。

どうせなら、iPadをMac化したい!と思い、DINGRICHという キーボード付きカバーを買いました。

4000円以下なので期待していなかったのですが、思ったよりいい買い物だったのでおすすめします。取り付けた姿はこんな感じ。

開くとノートパソコン感が強い

開くとこのようなかんじです。開いた姿はまるでPC。かっこよくてテンション上がります

横から見るとこんな感じ

ちなみにペアリングはかなり簡単です。iPad側でBluetoothをオンにして、fnキーとcキーを一緒に押すと完了です。。

Apple Pencilは別売りのケースをつけた

ちなみにApple Pencilはバンド付きのペンケースを購入しました。

ケースに巻きつけられるので紛失予防になりそうです。

ひっくり返してタブレットとして使える

お絵描きの時など、わざわざカバーを外す必要はありません。
カバーをひっくり返してタブレットとして使えます。

キーボードの打ち心地は?

普段は大きなキーボードを使っているのでテンキーがない小さなキーボードに最初は戸惑いましたが、キーも押しやすいし、反応もいいです。フラットな形のキーボードなので、普段Macを使っている人は打ちやすいと思います。

フィルムが付いて来た

びっくりしたんですが、iPadのフィルムがついてきました。フィルム買う前だったので、超ラッキーでした。フィルムも一緒にAmazonで購入してたら歯をくいしばっていたところ。

ちなみに、100均で売ってそうな簡易的なタッチペンもついていましたが、私はApple Pencilを使っているのでこっちは捨てました

ただし、フィルムがついてくるのは公式の販売元だけのようです。
フィルムが欲しい人は、間違って別の販売元で買わないように気を付けてくださいね。

↓公式販売ページ

 

今日の日常のヒント

デメリットは少し重いこと。ですが、キーボード付きカバーなら仕方ないと納得しました

PCと二台持ちはきついですが、PCの代わりに持ち運ぶなら大丈夫だと思います

使ってみて、やっぱり文字打ちはキーボードが捗ります。4000円台でiPadをパソコン化できるなら買って損なしだと思いました

コスパ 

軽量さ 

買って良かった度 

Duet Display
ブロガーの作業効率を大幅アップさせたiPadとMacBookを繋いでデュアルディスプレイにするアプリ「Duet Display」についてiPadとMacBookを繋いでデュアルディスプレイにする 普段、会社ではデュアルディスプレイで作業をしています。 サブディスプ...
おすすめ記事