仕事・お金

ICカードリーダーを使ってe-taxで青色申告。マイナンバー方式かID・パスワード方式とは何か

周りを見ても、確定申告書類を郵送か窓口で提出している人が多く、e-Taxを行っている人はいませんでした。

私も窓口を使用していましたが、初めてe-Taxを使ってみると、すごく簡単でした。もっと難しいかと思いましたが、やってみると簡単だったので、ぜひやっていない人にオススメしたいと思い、簡単にレポを書きます。

準備が必要だから早めにはじめよう

まず言いたいことは、早めに準備しようということです。

「e-Taxはネットで完結するからギリギリでも大丈夫っしょ?」と思いがちですが、それは準備ができていること前提の話です。

e-Taxには大きく分けて2つの方法があります。

e-Tax2つの種類
  1. マイナンバーカード方式
  2. ID・パスワード方式

①マイナンバー方式は、マイナンバーカードとICカードリーダーが必要です。

こう書くと面倒そうに聞こえますが、個人的にはこの方法がオススメです。詳しくはあとで書きます。

②ID・パスワード方式マイナンバーカードが無い人向けの提出方法です。ICカードリーダーも不要です。ただし、このIDとパスワードは税務署で対面で発行してもらう必要があります。

まとめると、e-Taxには

  • マイナンバーカード+ICカードリーダーを使う「マイナンバーカード方式」
  • 税務署で専用のIDとパスワードを発行してもらう「ID・パスワード方式」

の2つの提出方法があるということです。

マイナンバーカード方式でe-Taxを行う

私はすでにマイナンバーカードを持っていたので、こちらの方法を選択しました。

マイナンバーカードとは、番号が公布された時に届いた紙の通知書のことではありません。

このような、免許証のような形をしたカードです。

マイナンバーカード
マイナンバーカード

マイナンバーカードは、自動的にもらえるものではありません

マイナンバー(個人番号)自体は、みんなのところに郵送で届きます。だから番号だけを知りたいならこの通知書で十分です。

しかし、この個人番号が表記されたマイナンバーカードは自分で申し込まないともらえません

だから、まだマイナンバーカードを持っていない人は、まず、マイナンバーカードを発行する必要があります。

e-Taxで確定申告するこの機会に、マイナンバーカードを作ってみては?

マイナンバーカードがなくても「ID・パスワード方式」を使ってe-Taxを行えますが、これを機に、マイナンバーカードを作っておくと便利です。

マイナンバーカードは身分証明証にもなりますし、住民票や印鑑証明などの書類をコンビニのコピー機で出力することができるし、とても便利です。

「でも、面倒だなぁ」と思うかもしれませんが、マイナンバーカードの申請は、スマホや郵送で手軽に申請できますし、また街の証明写真機でも申請できることもあります。

マイナンバーカードの取得方法は公式ページで確認してください。

マイナンバーカードをICカードリーダーで読み込む

マイナンバーカードを使ってe-Taxをする際に必要なのがICカードリーダーです。このように、パソコンに接続して、マイナンバーカードのICチップを読み取る機械です。

Amazonや楽天で「e-Tax ICカードリーダー マイナンバー」などで検索して探してみてください。注意点としては、Mac用かWindows用かをちゃんと確認すること

私はMac・Windows併用できるサンワサプライのICカードリーダーを買いました。

お値段も3000円程度と手頃で、サイズも小さくてオススメです。専用ドライバのインストールも簡単でした。

マイナンバーカードとICカードリーダーが準備できたら、あとはe-Taxのサイトの指示にしたがって申告すればOKです。

カードを読み込む

私は、確定申告書類の作成はオンライン会計ソフトのfreeeを使っています。

会計の知識がなくても、言われた通りに入力するだけで、オンライン上で簡単に確定申告用の書類を作ることができます。

確定申告の書類どうやって作るのわからないー!」って人はfreeeオススメです。

初月は無料なので、確定申告書類だけ作ってすぐ解約するって使い方もできるかも。

もちろん、できた書類はプリントアウトする必要はなく、そのままFreee内からe-Taxへ直接送ることができます

ID・パスワード方式でe-Taxを利用する(スマホからの人はこちらを選ぼう)

「マイナンバーカードを持っていないし、ICカードリーダーを買うのもいや!」という人は、専用のIDとパスワードを発行してもらい、これを使ってe-Taxを行います

ID・パスワードは税務署で対面で発行してもらいます。なので、まずは税務署に行きましょう。

発行してもらったIDとパスワードを使って、自宅から申告をします。

また、スマホから確定申告する人は、このID・パスワード方式で申告します

どちらかの方法で行おう

このように、e-Taxでは「マイナンバー方式」「ID・パスワード方式」で準備するものが違います。

国税庁のホームページにあった図がとてもわかりやすかったので引用します。

e-Tax利用の簡便化の概要についてより引用

まとめ
  • e-Taxでの申告は「マイナンバーカード方式」と「IDパスワード方式」の2パターンある
  • マイナンバーカード方式では、マイナンバーカードとICカードリーダーが必要
  • IDパスワード方式はマイナンバーカードは不要だが、税務署でIDパスワードを発行してもらう必要がある。スマホから確定申告する人はこちらを選ぶ
  • どちらも自宅からe-Taxを使って申告可能。freeeというオンライン会計ソフトでは簡単に申告書類作成可能。何もわからない人にはオススメ



おすすめ記事