ブログ運営

WordPressのブログ記事ごとに目次の場所を指定して、さらに表示・非表示も変更できるプラグイン

WordPressのブログ記事ごとに目次をつけたり外したりしたいと思った理由

目次をブログ記事につけるかつけないかは、非常に悩ましい問題でした。

自分が閲覧していて、目次が便利だな〜と感じることもあるし、邪魔に感じることもあったからです。

私だけかもしれませんが、目次をつけているブログからは、「玄人臭」を感じてしまうことがあって、想定読者が8割女性の当サイトにはあまり合わないと思っていたのです。

しかし、最近は5000文字を超える記事も出てきたので、ユーザービリティを考えて、目次を設置することにしました!

私はWordPressのテーマ「JIN」を使っているのですが、JINがオススメしている目次が表示できるプラグインは、目次が全ての記事に表示されてしまいます。

私は、記事によって目次を表示するかしないかを選びたかったので、違うプラグインを使うことにしました。

それが、「Table of Contents Plus」というプラグインです。

目次の表示・非表示を手動で決められるプラグイン「Table of Contents Plus」

「Table of Contents Plus」というプラグインを使うと、目次の表示・非表示を記事ごとに決められます

目次の表示例

「Table of Contents Plus」で目次を表示させた記事がコチラです。

私の場合、本文が始まる前に目次を挿入していますが、目次を表示させる場所は、自分で指定できます

「Table of Contents Plus」の設定方法

手順1 インストールする

サイドバーの「プラグイン」をクリック→「Table of Contents Plus」で検索→インストール→有効化を行います。

手順2 設定画面を開く

サイドバーの「設定」「TOC➕」を選びます。

手順3 目次の設定をする

「Table of Contents Plus」の設定画面が開きます。この画面から、目次をどんな風に表示するのかを決められます。

以下は私の設定です。

私は、「デフォルトでは目次を表示せずに、目次を入れたい記事には手動で入れる」という設定をしました

これで「Table of Contents Plus」の設定は完了です。

手動で目次を入れる

記事を開き、目次の本文中に以下のコードを入れることで、目次を挿入(もしくは非表示)ができます。

[toc] (デフォルトが非表示の設定の場合)目次を表示させる
[no_toc] (デフォルトが表示の設定の場合)目次を表示させない

※★を削除してこのコードを貼り付けてください。

私の場合、デフォルトでは非表示の設定にしているので、目次を入れたい記事に目次を表示するコードを記入します。

 

コードを入れた位置に目次が表示されるので、好きな位置に目次を入れることができます

私は、本文の最初に入れたので、このように表示されました。

 

 

目次は最初、折り畳まれた状態になっています。「表示」をクリックすると、目次が開きます。

デフォルト設定を「目次を表示する」設定にしている場合

デフォルト設定を「目次を表示する」設定にしている場合は、目次を表示しないコードを記入しましょう。

場所はどこでも構いません。

表示・非表示コードのおさらい

一度設定してしまえば、あとは記事ごとに表示・非表示を手動で決められるので、手軽に使えるプラグインだと思います。

私と同じお悩みの方はぜひ試してください。

表示・非表示のコード
[toc] (デフォルトが非表示の設定の場合)目次を表示させる
[no_toc] (デフォルトが表示の設定の場合)目次を表示させない

※★を削除してこのコードを貼り付けてください。(コードが反応してしまうので、直接記入できませんでした)

おすすめ記事